AND  Artificial Intelligence of Nippon Developer
@HEAD_下_001

創造部門

■創造部門 (H_0010)

  シンクタンクとの連携を見据えた専門組織としてプロジェクトを総合的にマネージメントする部門。

  営業部門との連携によりニーズを創造部門として噛み砕き、シーズとして効果的な提案・品質を進めます。

  参考文献

    シンクタンク・専門・プロジェクト

 

■生活総合研究部門 (H_0020)

  人の気持ちを形にすると題して、研究・調査結果をもとに新たなアイデアを具体化します。

  参考文献

    ヒトのキモチをカタチにする。

    生活総研ONLINE

 

■買物研究部門 (H_0030)

  「売る」を「買う」から考えると題して、具体的な買物行動を作り出す戦術・戦略を設計・実行します。

  参考文献

    「売る」を「買う」から考える

    博報堂買物研究所

 

■イノベーション部門 (H_0040)

  未来洞察やエスノグラフィなど、想定外の変化や生活文脈からアイデアを生み出す方法論を用いて、

  新たな機会領域やシナリオを開発します。

  参考文献

    生活者視点からイノベーションを創発する。

     イノベーション・ラボ

    博報堂フォーサイト(未来シナリオ創造)

 

■ブランドデザイン部門 (H_0050)

  ブランド戦略の立案からアウトプットの開発・制作までを担うブランディング専門部門。

  その企業や商品の本質=“らしさ”を様々なカタチにしていきます。

  参考文献

    本質的な“らしさ”を創る

    hakuhodo brand design

 

■エノスビジョン部門 (H_0060)

  エスノグラフィ手法(インタビューや観察によるフィールドワークと調査記録をまとめた文書のこと)より

  生活者発想イノベーションを創出する。

  サーチャー、コンサルタント、デザイナーの混成チーム。

  需要開拓からプロダクトやサービスのデザイン、人財育成や組織変革まで、幅広いソリューションの提供を目指します。

 

■エクスペリエンスデザイン部門 (H_0070)

  生活者とブランド(企業/商品)のリアルな接点=実体験領域(ブランドスペース、店舗、イベント等)を

  中核とした統合的なコミュニケーション開発を行い、生活者とブランドの絆を構築し製品化します。

  参考文献

    新しい「体験価値」を創造する

    博報堂エクスペリエンスデザイン

 

■ユニバーサルデザイン部門 (H_0080)

  デザイン、文字、色、音、空間設計などあらゆるものを見直して、

  人にやさしいコミュニケーションを開発します。

  参考文献

    博報堂ユニバーサルデザイン

 

■こどもごころ部門 (H_0090)

  大人にこどもごころを。人が本来持っているはずの好奇心や豊かな感性を「こどもごころ」と定義し、

  こどもごころ発想によるコンテンツ開発や、企業と生活者、社会と生活者の豊かなコミュニケーション開発を進めます。

  参考文献

    こどもごころ製作所

 

■ビジョンコンサルティング部門 (H_0100)

  戦略構築に特化したコンサルティング集団。

  マーケティング領域における“実行したくてたまらない”目標や方針を導き出すプロジェクトの

  設計、実施、目標抽出までをプロデュースします。

  参考文献

    博報堂ビジョンコンサルティング

 

■ブレインブリッジ部門 (H_0110)

  認知心理学や脳科学などを用いて生活者の潜在意識や深層心理にアプローチし、

  そこからの発見をマーケティング活動に役立てていく活動を進めます。

  参考文献

    BUYOLOGY Inc.(米NY)

 

■新しい大人文化部門 (H_0120)

  新しい大人の都市・商品・メディア・コミュニケーション戦略の開発・実践します。

  参考文献

    「新しい大人文化」が日本を元気にする(所長 阪本節郎)

    新しい大人文化研究所

 

■教育コミュニケーション部門 (H_0130)

  教育産業(大学を含む)のブランディング支援を手掛ける部門。

  内外に的確に伝えていくための様々なサポートを行います。

  参考文献

    博報堂教育プロジェクト

 

■デザイン部門 (H_0140)

   新しい幸福な暮らしや社会のあり方をデザインによって考え、デザインの力で実行していくプロジェクトです。

  参考文献

    hakuhodo + design

 

■子育てファミリー部門 (H_0150)

  0歳から9歳までの子どもを持つ家族を対象に、育児関連領域のコンサルテーション、

  商品・サービスやブランドの開発、デザインワークなどを行います。

  参考文献

    BaBU(Baby, kids & Family BUsiness project)

 

■若者生活部門 (H_0160)

  若者たち自身と継続的に共同で様々なテーマの若者研究を行うことにより、

  変化の激しい若者の価値観やライフスタイルへの理解を表層的な段階で終わらせず、

  本質的な部分まで迫りながら、若者に対するマーケティングを実践する組織です。

  参考文献

    若者生活研究室

 

■国内都市部門 (J_0010)

   創造都市の普及・発展を図るため、様々な事業を実施いたします。

  参考文献

    ccn-j.net

 

観光部門 (K_0010)

  国際競争力の高い魅力ある観光地づくりを支援します。

  観光分野に関する人材の育成と活用を促進します。

  参考文献

    観光庁

Comments are closed.

株式会社AND Artificial Intelligence of Nippon Developer